闇金からの取り立てに関する相談は専門の弁護士か司法書士へ

闇金というのをご存知でしょうか。いわゆる非合法の貸金業者、またはその業者が融資するお金のことです。法にのっとった経営を行っていないため、金利が通常の業者よりもかなり高く、取り立ても厳しいです。もし延滞したような場合は、社員が家まで来て返済を迫ったり、また、一日中督促の電話がかかって来たりします。むろん自宅に限らず、職場でも滞納している分の取り立てを求めたり、ひっきりなしに電話をかけたりすることもあります。
このような場合には、どう対処すべきでしょうか。まず、このような取り立ては非合法ですので、できれば音声や映像、画像を残して、警察に相談してみるといいでしょう。しかし、もしそれでもだめな場合は、弁護士や司法書士に相談し、闇金から借り入れた分の債務整理をするようにしてください。特に、闇金を専門にしている人がお勧めです。ネットで検索するか、あるいは弁護士会や司法書士会、法テラスなどで紹介してもらうといいでしょう。
通常は、弁護士や司法書士が借入先に受任通知を出した時点で、闇金融は取り立ては止まります。しかしそれでも電話がかかって来た場合も、自分の担当の人に相談するようにしてください。これも明らかな法律違反ですので、毅然とした態度で臨むようにしてください。